世界の未成年患者は110万人超、国内の治療中の患者は10万人前後と推定される。従来薬よりもさらに速く薬効が現れる、次世代型の超速効型インスリンが登場した。発症を遅らせる効果が期待できる抗CD3抗体が、米国で承認申請されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)