バイオ医薬品の相次ぐ特許切れや、医療費削減に向けた国の施策により、バイオシミラー(バイオ後続品)の市場が日本国内でも拡大。高い生産力や販売力を持ち、収益を得やすい大手製薬企業の製品が相次いで登場している。一方、中小企業やバイオベンチャーにとっては、製品開発にかかるコストの回収が難しく、事業を展開しにくい状態が続いている。2019年にはバイオ医薬品のオーソライズドジェネリック(AG)が初登場したが、同品目のバイオシミラーも着実にシェアを伸ばしていることから、当初の想定より影響が小さい印象だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)