NECのAI創薬事業部で事業部長を務める北村哲には師と仰ぐ人がいる。2018年に、甲状腺がんで亡くなった宮川知也だ。東京大学薬学部を卒業して大手製薬企業で研究職に就いていた宮川は、2002年にNECへ転職してきた。「あんな不効率なやり方を続けていたら新しい薬なんかできっこない」と古巣に見切りをつけたという。その宮川と北村が席を並べるようになったのは2012年。NECが創薬事業に参入するために発足した事業イノベーション戦略本部に、北村が異動してきたからだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)