新興感染症として世界で急速に感染を拡大させた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対峙するため、まず必要になったのは感染の有無を診断するためのPCR検査だ。その後、より短時間かつ簡便で検査が可能な抗原検査が登場。過去の罹患の有無を調べられる可能性がある抗体検査も相次いで開発された。しかし、いずれの検査でも、検査精度をどう担保するかは大きな課題だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)