肺の間質におこる炎症は間質性肺炎と呼ばれ、感染症による肺炎とは区別されている。間質性肺炎の中でも原因が特定できないものを特発性間質性肺炎(IIPs)と呼ぶ(表)。特発性肺線維症(IPF)は、厚生労働省特定疾患に指定されているIIPsの一種である。IIPsのなかでIPFが最も発症頻度が高い疾病となっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)