日経バイオ年鑑2020【医薬・診断・医療機器】

気管支喘息治療薬

3成分配合剤の開発競争は終盤へ、抗IgE抗体に続き抗IL5抗体が製品化
(2019.12.16 10:00)

 気管支喘息の病態は「過敏性を伴う気道の慢性的な炎症」と定義されており、好酸球性炎症が主とされている。ただし、好酸球以外の炎症性細胞が主体の表現型も存在する。気管支喘息では病態の基に気流制限や気道過敏性の亢進があり、たばこの煙や埃、ストレスなどのわずかな刺激によっても軌道が狭くなり、発作を起こしてしまう。また、気道感染症が急性増悪の誘発因子となることもある。発作時には呼吸困難、喉のヒューヒューという高い音を発する喘鳴(ぜんめい)、咳などの呼吸器症状をきたす。喘息発作を起こすと、時には死に至ることもある重篤な疾患である。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2020
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧