加齢とともに増加する頻尿、尿漏れなどに有効な薬剤の開発が活発化している。頻尿、尿漏れなどの症状は、直ちに命を脅かすものではないが、日常の行動範囲を著しく限定してしまう。また、夜間における頻尿は睡眠不足を招くだけでなく、夜間何度もトイレに起きることで高齢者の転倒やそれに伴う大腿骨頸部骨折の危険性を高めることにつながる。高齢化社会において、排尿障害治療薬の医療ニーズは高まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)