眼科領域の疾病に係る治療薬は、広範囲にわたる。感染症や花粉症などのアレルギー疾患、角膜障害のドライアイ、網膜疾患である緑内障や加齢黄斑変性、糖尿病に伴う糖尿病性黄斑浮腫などに対する治療薬がある。特に、失明の主要原因となる、網膜変性疾患治療薬に対する医療ニーズは高い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)