国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発行した「ファクトシート2019年7月世界の状況」によると、2018年末の世界の推定HIV陽性者数は3790万人であった。2018年に新規感染者は170万人で、ピークであった1997年の290万人から40%減少している。エイズ関連の死者は2018年には77万人となり、ピークであった05年から61%減少した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)