「てんかん(epilepsy)」はギリシア語の動詞のepilembaneum(=捕らえられる)に由来する。神霊によって捕らえられた状態と信じられたことから、神聖な病と見なされたようである。しかし医聖ヒポクラテスは紀元前400年に「てんかんは脳の病気であり、神の作ったものではないと私は思う。この病気は他の病と同じように治り得るものである」と正しく評している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)