悪性リンパ腫は非ホジキンリンパ腫とホジキンリンパ腫とに大別される。患者が多いのは非ホジキンリンパ腫である。非ホジキンリンパ腫は、さらに「低悪性度」「中悪性度」「高悪性度」の3つに分けられている。非ホジキンリンパ腫はリンパ節に多く発症を見るが、脳、肺、胃、肝臓、骨など、全身のあらゆる臓器に発生する。治療に対する反応が多様でホジキンリンパ腫よりも予測することが難しい。ホジキンリンパ腫は痛みの無い頸部、腋窩および鼠径部などのリンパ節腫脹が特徴的とされている。非ホジキンリンパ腫の発生のピークは50歳台から60歳台で高齢者に多いのに対して、ホジキンリンパ腫は20歳台から30歳台が多い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)