白血病は、急性白血病と慢性白血病に大別される。急性白血病は芽球が急速に増え、治療しないと数週間から数カ月以内に命を落とすことがある。慢性白血病は成熟段階の白血球が増加し、場合によっては年単位で進行する。また細胞の種類によって骨髄球系の細胞を起源とする「骨髄性白血病」と、リンパ球系の細胞から発生する「リンパ性白血病」に分類される。治療は造血幹細胞移植と化学療法が2本柱であるが、治療薬は疾病によって異なる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)