食品衛生法における添加物(食品添加物)は、食品の製造過程や加工、保存の目的で使用されるもので、保存料や甘味料、着色料、食品香料などが含まれる。日本では厚生労働省が食品添加物を指定添加物、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物の4種類に分類している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)