酵素は化学反応を触媒する生体分子で、大半が蛋白質。産業用酵素は、主にB to Bで利用される酵素製剤で、食品・飲料用酵素、洗剤・繊維・紙パルプ・皮革用酵素、バイオ燃料用酵素、飼料用酵素、化粧品用酵素、医療製品用酵素、研究用酵素などに分類される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)