日経バイオ年鑑2020【食品】

カロテノイド

JXTGが健食カロテノイド事業化、機能性表示食品の届け出が急増
(2019.12.16 10:00)

 アスタキサンチンは、サケやカニの赤色素。サケ、マスなどの色揚げに用いられる養魚用飼料向けが大きく、世界市場は年500億円規模と推定されている。オランダDSM社、ドイツBASF社が生産している合成品が主に利用されている。微細藻類など微生物由来のアスタキサンチン市場は年100億円規模という推定がある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2020
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧