アスタキサンチンは、サケやカニの赤色素。サケ、マスなどの色揚げに用いられる養魚用飼料向けが大きく、世界市場は年500億円規模と推定されている。オランダDSM社、ドイツBASF社が生産している合成品が主に利用されている。微細藻類など微生物由来のアスタキサンチン市場は年100億円規模という推定がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)