日本のヨーグルト(発酵乳)の市場規模は2018年度は前年度比3%減の3736億円と、ピークだった2016年度の4005億円に比べ7%減少したと明治ホールディングスは推定している。明治は2015年の時点では2015年の市場3700億円が2020年に4000億円になると予想していたが、前倒しで2016年度に4000億円を達成した後で減少トレンドが続いていると分析している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)