プラスチック(樹脂)には石油資源を原料とする石油系プラスチックと、植物など有機資源(バイオマス)を原料とするバイオマスプラスチックがある。両方のプラスチックの中には、自然界に存在する微生物などの働きによって分解されるプラスチックがある。こうした性質を持つものを生分解性プラスチックと呼ぶ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)