現時点で、国内で定期接種化が検討されているのは、(1)高齢者向けの帯状疱疹ワクチン(水痘ワクチン)、(2)小児(2期)向けの沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(DTaP、3種混合ワクチン)、(3)不活化ポリオ(5回目)、(4)ロタウイルスワクチン、(5)おたふくかぜ(ムンプス)──の5種類。そのうち、ロタウイルスワクチンについて、2019年10月2日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会は定期接種化をおおむね了承した。定期接種化の経緯などは以下の通り。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)