国内で最初に発売された治療用酵素製品はフランスSanofi社(当時は米Genzyme社)が2004年4月に発売した「ファブラザイム」(アガルシダーゼ ベータ)だ。09年に供給の問題が発生、その影響が2011年まであったが、年々回復して2018年の国内の推定売り上げは100億円(前年同期比11.1%増)とみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)