細胞医薬は、細胞の由来や加工の程度にかかわらず、細胞そのものを投与して、治療効果を期待する薬剤を指す。ベースとなる細胞は、患者由来の自家細胞、健常者由来の他家細胞、受精卵を壊して得られる多能性幹細胞(ES細胞)に加え、ここでは、一度分化した細胞を脱分化して得られる人工多能性幹細胞(iPS細胞)も含めることとする(脱分化の手法がさまざまであるため、iPS細胞に関しては遺伝子導入の有無などでは分類しない)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)