米国では現在、800件以上の遺伝子治療の臨床試験が進行しており、その数は右肩上がりに増えている。2018年、米国の遺伝子治療(T細胞(CART)療法、T細胞受容体T細胞(TCR)療法、ウイルス療法も含む)の新規臨床試験開始届(IND)数は206件に上り、細胞医薬のIND数の154件を抜き、2000年以降では、初めて細胞医薬を逆転した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)