日本国内で食料になる遺伝子組換え作物の商業栽培は行われていない。国内で実施されている栽培は、食料については、試験栽培と展示栽培(すでに環境影響評価を終えた作物の、見学のための栽培)のみである。日本で唯一、商業栽培されている遺伝子組換え作物は、色変わりバラ(サントリーの青いバラ「APPLAUSE」)のみであり、食用では無い。野外試験栽培をする者にとって、地元説明会などのコミュニケーションはハードルになっているが、それぞれの地元で問題は起きていない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)