2019年5月1日、元号が平成から令和となった。著者は1988年(昭和63年)4月に製薬企業に入社し、研究所に配属された。1989年(昭和64年)1月8日に元号が平成に改められたから、医薬品業界をほぼ平成ともに歩んだことになる。従って、平成時代の終了は個人としては感慨深い。この機会に平成における薬剤の盛衰を中心に30年余りを振り返ってみたが、改めて平成の30年間で国内市場が大きく変わったことを感じた。要因として、日本における少子高齢化という人口構成の変化をはじめ、生命科学における進展やモダリティの変化などの薬剤の研究開発にかかわることもあれば、政策的な薬価制度なども挙げられよう。令和においては、さらに高齢化が進む。その中で、モダリティは拡大するであろうし、拡大人工知能(AI)による創薬手法が発展していくだろう。平成以上に大きな変化が起きこと予想している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)