田辺三菱製薬の2019年3月期通期業績(IFRS)は、売上収益が4247億円(前年同期比2.1%減)で減収となった。主な要因は薬価改定による薬価引き下げと、長期収載品による国内の大幅な減収だ。それだけでなく、ロイヤルティー収入の減少も重なった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)