武田薬品工業の2019年3月期通期業績(IFRS)は、1月に6兆2000億円で買収したアイルランドShire社の業績が1月8日から3月31日までの同社の業績に寄与した。その結果、売上収益は2兆972億円(前年同期比18.5%増)で2桁台の増収となった。Shire社の寄与分は3092億円であった。買収影響を除く売上収益は、事業などの売却、為替の円高による減収影響があったものの、消化器系疾患、癌、神経精神疾患の各領域の売上高が伸びて175億円と増収(同1.0%増)であり、実質ベースで増収を確保した。堅調な業績だったといえる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)