事業セグメント別に見ると、医薬品は246億8500万ユーロ(前年同期比1.7%減、CERベースで2.4%増)。全事業の71.6%を占めた医薬品の内訳を見ると、1位のエスタブリッシュ処方製品と2位の糖尿病が減収となった。エスタブリッシュ処方製品は88億4300万ユーロ(同9.4%減、CERベースで6.1%減)。糖尿病は54億7200万ユーロ(同14.4%減、CERベースで10.4%減)で、トップ製品の糖尿病治療薬の「ランタス」(インスリン グラルギン)の減収を、他の糖尿病治療薬で補えなかった。後発品は14億9000万ユーロ(同16.2%減、CERベースで9.8%減)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)