製品別に売上高を見ると、第1位は多発性骨髄腫・骨髄異形成症候群治療薬の「レブラミド」(レナリドミド水和物)の96億8500万ドル(前年同期比18.3%増、実質ベースで18.6%増)で、2019年は1兆円製品になる見込みである。ちなみにこの売り上げはCelgene社の総売上収益の63.4%を占めている。同社はレナリドミドの独占期間を米国で2027年、欧州では2024年と主張しているが、インドDr. Reddy’s Laboratories社などの後発品メーカーが後発品発売に向けての動きがあるため、目が離せない状況でもある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)