米Bristol-Myers Squibb(BMS)社の2018年度の売上収益は225億6100万ドル(前年同期比8.6%増)と4期連続の増収となった。売上収益の95.7%を占めた製品売上収益が、215億8100万ドル(同12.1%増)と引き続き好調だったことが、その要因である。上位3製品が伸びて収益をけん引した格好だ。一方、提携収入・その他収入については9億8000万ドル(同35.4%減)となり、4期連続の減収となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)