生体分子の立体構造(3次元構造、3D構造)を迅速に解明する手法として、クライオ電子顕微鏡(クライオ電顕)技術が飛躍している。2017年末にノーベル化学賞の授賞対象となったクライオ電顕の最前線を報告する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)