創薬の研究開発の難易度が高まる中、生産性を向上させるためには新しいモダリティ(治療手段)の取り込みが必要だ。一方、新たなモダリティの候補品を開発していくためには自前にしろ委託にしろ製造技術・設備が必要となり、それなりの投資を要する。従って、何をやって何をやらないか、どのようにして技術にアクセスするのかには、極めて戦略的な経営判断が求められる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)