間葉系幹細胞(MSC)や胚性幹(ES)細胞、iPS細胞などを用いた細胞医薬の他、遺伝子治療でも、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法のように、体外で細胞に遺伝子を導入する場合には、細胞を培養や加工する必要がある。従来、こうした細胞の培養や加工は手作業で行われてきたが、臨床での実用化の進展に伴い、製造工程の機械化が検討されるようになってきた。本稿では、これら細胞ベースの医薬品を広義の「細胞医薬」として、その機械化の動向をまとめる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)