政府の統合イノベーション戦略推進会議(議長:菅義偉官房長官)は2019年6月11日、バイオ戦略2019を決定した。「2030年に世界最先端のバイオエコノミー社会を実現する」という全体目標を掲げ、新市場創出・海外市場獲得という視点から、将来に狙うべき9つの市場領域を提示した。また、バイオ関連の研究開発基盤の構築や、国内外からの投資を呼び込む国際拠点の形成など、インフラ整備にも言及した内容となった。バイオ戦略2019は6月中に閣議決定され、2020年(令和2年)度以降の各省庁の様々な施策に反映されていく。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)