国内バイオベンチャーが製薬企業などと結んだ導出契約が、直近1年間で15件に上ったことが、本誌の調査で明らかになった。ここ数年、10件を超える水準の導出契約が続いている。500億円規模の契約もまとまっており、シーズや領域次第では欧米並みの契約締結も実現するようになってきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)