新薬の探索研究において、臨床試験に進む候補化合物を絞り込むため、モデル動物などを用いて安全性や薬物動態を調べる試験は必須だ。1990年代以降、市販後に副作用が発覚する例が国内外で相次いだため、各国の規制当局は、新薬の候補化合物に対する安全性確認を重視するようになっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)