日経バイオ年鑑2019【食品・農業・畜産・水産】

分子農業

(2018.12.14 12:00)

 2017年秋に群馬県の養蚕農家が世界で初めて、緑色蛍光シルクを作る遺伝子組換えカイコの飼育を開放系の養蚕施設で開始した。組換え生物(Tg生物)が環境中の生物多様性に悪影響を及ぼさないようにするカルタヘナ法の下、Tg生物を開放系で使用するカルタヘナ法の第一種使用等規程の承認を農林水産大臣と環境大臣から2017年9月に受けて実施したものだ。2017年には1回の飼育が行われ、12万頭のカイコから176.1kgの緑色蛍光シルク繭を生産できた。2018年度は、農家におけるTgカイコの開放系での飼育が4回行われた。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧