血液には「流動性」と「凝固性」という相反する機能が備わっており、例えば外傷を受けた際には凝固作用により血中に血栓が作られ、止血が完了して障害部位が修復されれば線溶作用により血栓は消える。しかしそのバランスが凝固側に傾くと、線溶作用が働かずに血栓が肥厚し、血管を塞ぐ。そして血栓が形成された下位の部位で虚血や梗塞が引き起こされ、脳血管で起きれば脳梗塞、心血管で起きれば心筋梗塞となる。これらは血栓症と呼ばれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)