ヒアルロン酸はグルコサミングルカン(ムコ多糖)の1種。細胞外マトリックスを構成する生体成分で、関節、硝子体、皮膚、脳の細胞外マトリックスを形成する生体成分である。ヒアルロン酸は従来、ニワトリの鶏冠(トサカ)などから抽出・製造されていたが、乳酸菌や連鎖球菌の発酵による製造が広がり、用途開発が進んだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)