医療機器の国内市場は順調に拡大している。厚生労働省の薬事工業生産動態統計によると、医療機器の生産金額と輸入金額の合計は2017年に3兆5891億円となった。前年に比べて3.4%増えている。この傾向はここ数年続いており、2012年から2017年までの6年間における年間平均成長率(CAGR)は3.8%だ(2012年から2016年までは「平成28年薬事工業生産動態統計年報の概要」から抜粋、2017年分は薬事工業生産動態統計の月報から1年分を合算、以下同)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)