脳・心血管疾患発症の背景には、メタボリックシンドローム、つまり、脂質代謝異常(dyslipidemia)、高血圧、肥満など複数の危険因子が重複して存在している。しかも、これらの危険因子はお互い密接に関連している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)