日経バイオ年鑑2019【医薬・診断・医療機器】

過活動膀胱治療薬

(2018.12.14 12:00)

 加齢とともに多くなる頻尿、尿漏れなどに有効な薬剤が開発されている。頻尿、尿漏れなどの症状は、直ちに命を脅かすものではないが、日常の行動範囲を著しく限定してしまう。また夜間における頻尿は睡眠不足を招くだけでなく、夜間何度もトイレに起きることは、高齢者の転倒とそれに伴う大腿骨頸部骨折の危険性を高める。高齢化社会では、排尿障害治療薬のニーズが高まることは間違いないようである。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧