1981年に米国で初めてエイズ患者(後天性免疫不全症候群、Acquired Immune Deficiency Syndrome:AIDS)が発見され、世界中を震撼させることになった。1984年には、その原因のヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus:HIV)が同定された。HIVはCD4リンパ球に感染し、破壊することで免疫不全を起こし、宿主を死に至らしめるAIDSという疾病の機序が明らかにされたのである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)