日経バイオ年鑑2019【医薬・診断・医療機器】

再生医療

(2018.12.14 12:00)

 再生医療は、培養表皮や培養軟骨、培養心筋シートといった構造化あるいは積層化された再生医療製品を用いたり、細胞の由来や加工の程度にかかわらず、細胞そのものを投与して治療効果が発揮される医薬品を用いた治療を指す。ここでは特に、構造化や積層化された再生医療製品について記載する(細胞そのものを投与する医薬品は「細胞医薬」、遺伝子組換え細胞を用いた細胞医薬は「遺伝子治療」の項目を参照)。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧