日経バイオ年鑑2019【医薬・診断・医療機器】

遺伝子治療

(2018.12.14 12:00)

 遺伝子治療とは、遺伝子の異常や欠損が原因となっている疾患、癌などの悪性疾患に対して、治療に有用な遺伝子を体内あるいは細胞に導入することでその疾患を治療しようとする技術だ。遺伝子を効率的に細胞に導入するために、無害化したウイルスやプラスミド、リポソームなどをベクター(運び屋)として使用することが多い。なお、ウイルス療法(腫瘍溶解性ウイルス)は遺伝子を改変しているかどうかにかかわらず、遺伝子治療として扱っているほか、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法やT細胞受容体導入T細胞(TCR)療法も遺伝子治療として扱う。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧