脂肪性肝疾患は、肝細胞に中性脂肪が沈着して肝障害を引き起こす病態である。脂肪滴を伴う肝細胞が全体の30%以上に認められる場合を脂肪肝という。脂肪肝については、これまではアルコール摂取によるものが多かった。しかし、近年、糖尿病や肥満など生活習慣病を背景として脂肪性肝疾患を発症する臨床例が急増してきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)