日経バイオ年鑑2019【医薬・診断・医療機器】

糖尿病性網膜症治療薬

(2018.12.14 12:00)

 糖尿病では、血糖のコントロールが最優先されるべき治療である。しかし、コントロールできずに合併症を併発する患者も多いため、合併症についても治療薬が必要である。慢性合併症のうちで糖尿病性網膜症について見てみると、2型糖尿病と診断されたときには、既に網膜症が20%存在している。糖尿病の発症後20年間で、1型糖尿病では100%、2型糖尿病の60%の患者に網膜症が発症するとされる。糖尿病性網膜症は、日本では中途失明の原因として1985年の調査では最多で、2004年の調査では緑内障に次いで2位となっている。順位が下がったとはいえ、糖尿病性網膜症による失明人数は年間約3000人に上り、増加傾向にあり、注意すべき疾患であることには変わりない。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧