疼痛は、痛みの持続期間によって、「急性」「慢性」「間欠性」に分類することができる。また、原因によっては「侵害受容性疼痛」「神経因性疼痛」「慢性疼痛」の3つのタイプに大別される。侵害受容性疼痛は、骨折などのけが、手術後や癌などで、体の組織が損傷を受けたときに起こる痛みをいう。組織の損傷による痛みを受け取る侵害受容器は、皮膚、次いで内臓に多く分布し、身体に異常が発生したときに警告信号を発する役割を担う重要な生体防御機構である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)