日経バイオ年鑑2019【医薬・診断・医療機器】

制吐薬

(2018.12.14 12:00)

 悪心とは、前胸部から咽頭にかけて感じる不快なむかつきであり、食物に対するきわめて不快な感情や嘔吐前の気分をさす。嘔吐は、胃内物が急激に口の外へ吐き出される現象であり、食道、胃、横隔膜による一連の反射をいう。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧