悪性リンパ腫は白血病、多発性骨髄腫とともに3大疾患として知られる造血器腫瘍である。白血球の一種であるリンパ球は、T細胞、B細胞およびナチュラルキラー細胞(NK細胞)によって構成されており、細菌、ウイルスなどの病原体や癌細胞などを排除する役割を持っている。悪性リンパ腫は、そのリンパ球が癌化した悪性腫瘍で、その種類は80以上あるとされている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)