大腸は消化吸収された残りの腸内容物をため、水分を吸収しながら大便にする機能をもつ長さ約2mの器官だ。また、多種、多量の細菌の棲み家でもある。大腸の始まりは盲腸で、そこから上に向かう部分が上行結腸、次いで横に向かう部分を横行結腸、下に向かう部分が下行結腸、S字状に曲がっている部分がS状結腸、約15cmの真直ぐな部分が直腸、最後の肛門括約筋のあるところが肛門管と、大腸はこれらから成り立っている。大腸粘膜のあるところではどこからでも癌ができるが、日本人ではS状結腸と直腸に癌ができやすい。特に断りが無い場合、大腸癌とは、ここでは結腸癌と直腸癌の2つの癌を示すこととしたい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)