日経バイオ年鑑2019【医薬・診断・医療機器】

大腸癌治療薬

(2018.12.14 12:00)

 大腸は消化吸収された残りの腸内容物をため、水分を吸収しながら大便にする機能をもつ長さ約2mの器官だ。また、多種、多量の細菌の棲み家でもある。大腸の始まりは盲腸で、そこから上に向かう部分が上行結腸、次いで横に向かう部分を横行結腸、下に向かう部分が下行結腸、S字状に曲がっている部分がS状結腸、約15cmの真直ぐな部分が直腸、最後の肛門括約筋のあるところが肛門管と、大腸はこれらから成り立っている。大腸粘膜のあるところではどこからでも癌ができるが、日本人ではS状結腸と直腸に癌ができやすい。特に断りが無い場合、大腸癌とは、ここでは結腸癌と直腸癌の2つの癌を示すこととしたい。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧