日経バイオ年鑑2019【医薬・診断・医療機器】

膵臓癌治療薬

(2018.12.14 12:00)

 膵臓は後腹膜にあって、上腹部のみぞおちとへその中間から左上方にかけて存在する細長い臓器で、頭部、体部、尾部に分けられる。隣接する主な臓器として、頭部では十二指腸、胆管、門脈、下大静脈、体部では脾動静脈、胃、大動脈、尾部では脾臓、腎臓、大腸がある。従って、手術など外科的な処置をする際には、これらの諸臓器、脈管との関係が難易度に影響する。膵臓癌のうち、90%から95%を占めているのが、膵管から発生し、充実性の腫瘤を形成して浸潤・転移を起こしやすい膵管癌である。消化器癌の中でも難治癌とされている。残りは、膵内分泌腫瘍、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)、粘液性嚢胞腫瘍(MCT)、腺房細胞癌などで、比較的予後の良い癌腫もある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2019
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧